ひろゆうの悠々ガン生活

直腸ガンステージ3a、頑張らずに暮らしてみる

入院まで

1/8に電話があり、入院が1/15からと決まった。


会社に連絡。「年末から休んでいるけど、毎日下剤漬けだし1月全休したいと話した。
忙しかったプロジェクトは担当を変えてもらうしかなく、さらに他にも業務責任があるため、いろいろ会社に迷惑をかけてしまう結果となった。ごめんね、みんな。
どうしても引き継いでおきたいところは資料をまとめて関係者に送付した。


さて、入院まで何をするか。


どう考えてもまさかのために身辺整理する段階ではまだない(と思う)。
とりあえず部屋を掃除したにとどめる。


妻が保険会社とやりとりを行い、保険の全貌や今後の適用についてまとめてくれた。
ざっとであるがポイントは
・がん保険、生命保険、会社の共済で入院1日分は十分すぎるくらい支給される(おお!)
・生命保険の特約は発病後の保証は続くが、特約分の保険料は以後免除される(へ~!)
生命保険の特約は一定年数で見直され金額が大幅に上がるので、これが免除されるのは大きい。
・会社の共済もあるよん


ガン保険はさすがに手厚い。若いころに入ったのがファインプレーだったようだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。