ひろゆうの悠々ガン生活

直腸ガンステージ3a、頑張らずに暮らしてみる

ガン発見までの振り返り ~痛みが連日に

2017年12月中旬を過ぎると、ほぼ毎日痛みが出る。会社のトイレにこもる時間が増える。ただし排便量はわずか。


ここへきてようやく「検査しないといけないな」と考える。ホント遅いのである。 
年末の近づいた金曜日の退社後、妻が勤務している病院(けっこう大きい地元の総合病院)に行き検査予約を行う。


妻は勤務後残って待っていてくれた。


ここは病院職員とその家族に手厚い。早速次週が検査と決まった。
内視鏡検査は初めてだったので「いい年なんでお金で無痛検査可能ならそれがいい」と考え麻酔を使った無痛検査を希望した。


緑内障を患っているため、やや麻酔の制限が付くことがわかったが、あまり気にしない。
血液検査、体重測定、問診を行いその日は帰宅。
正直、検査することが決まるとホッとする。忙しい会社も休むのが心配なようなうれしいような。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。