ひろゆうの悠々ガン生活

直腸ガンステージ3a、頑張らずに暮らしてみる

「発覚」の意味

拝見したブログの中で、たまに「ガン発覚」という文字を見かける。


「発覚」の意味であるが、私の理解では「意志を持って隠していた事実が他者によって顕在化してしまうこと」である。


要するに
「秘密にしてたのにバレたやん!」
である。
なのでガン発覚という文字を見てしまうたびに、なんだかムズムズするのである。
「あなた、ガンと知っていたのに隠していたんですね」(ドーン!)


私の仕事はIT関係、ソフトウェア開発であり、昔はいわゆるプログラマーだった。
若し頃に報告書に「昔のバグ(=プログラムの不具合)が発覚して~」なんて書いたことがある。
私の感覚では「発覚=あら?こんなバグがあったのかぁ、知らなかったなぁ」であった。
そのとき当時の上司に「お前、バグ隠しとったんかい!?」と怒られて、発覚の正しい意味を知ったのである。
部下を抱える今では、部下に発覚なんて使われた日にゃ~過去のことは忘れて「何~!?(怒)」とか言ってしまう自分である。


このように発覚とは使い方に注意が必要な言葉です。
新聞では犯罪とかに絡めてよく登場する単語です。悪事が露見みたいなイメージなんですが、「悪事=ガン」が露見と考えると、ん?正しいんちゃうの?と思いそうだけど、隠そうとしてたのに、という意志が込められる言葉なんですよね。
あまり良い意味で使われる単語ではないため、ガン発覚もイメージとしては合いやすい点があるのでしょう。


簡単に「ガン発見」とか「ガン判明」とかのほうが、私のムズムズは無くなります。
まぁ私のムズムズなんて誰も気にしていないと思うけど…( ̄▽ ̄;)テヘ


あ、そういや「妊娠発覚」なんていうのも見たな…
慶事だけど事情がありそうなので、使い方が正しいのかどうか判断できません。
日本語って難しい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。