ひろゆうの悠々ガン生活

直腸ガンステージ3a、頑張らずに暮らしてみる

あれ?そういう展開ですか?(・・;)

前回、息子と親にガン手術したことをどう伝えるか/伝えないか悩んでいることを書いていたのだが、風雲急な展開に。


息子の進学する大学が決定したので、息子が「そろそろおばあちゃん(私の母)に電話しとくわ」みたいな話になった(←お祝い目当てである)。


ま、向こうからは聞きにくいし、連絡待っとるやろな~ということで息子から電話。ひとしきり楽しげな電話をしたあと、世間話していたら母が「あんたの保険入りっぱなしだったから診断書送ってくれたらお金もらえるから送ってきて~」と。
固まる私と妻。診断書送ったらガンだったってバレるやん…
ごにょごにょとその場はごまかして電話終了。


その後息子が風呂に入っている間、妻が「受験終わったし、そろそろ子供に話すわ」と。


どうやら私の意志に関係なく世の中は回っているようである( ̄▽ ̄;)
悩んで損した…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。