ひろゆうの悠々ガン生活

直腸ガンステージ3a、頑張らずに暮らしてみる

ガン発見までの振り返り ~心当たり

2年前の定期検査で便潜血があったことを思い出す。去年はなかったので勝手にたまたまお尻の拭きすぎで血でも着いたかを思い込んでた。
そういえばここ数年、基本的に軟便。固うんちはほぼ出ていない。
仕事はピークは越えたものの忙しい。
ある日、ふと排便後に多くはないが下血していることに気付く。普段水を流しながらトイレを済ませることが多く、気付いてなかったのだろう。
自覚症状でググってみる。「大腸がん」がヒット。なんとなくそうだろうなと思いつつ、ポリープから始まるんだっけと考える。
ややのんびりさんだと思われるかもしれないが、正直なところ、ある理由であまり「生きること」に執着していない。理由は秘密だ。
最近の状況を妻に話してみる。妻は近くの総合病院で医療事務をしている。
「検査しいや」
「仕事忙しいからな~落ち着いたら行くわ」
「ふーん」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。