ひろゆうの悠々ガン生活

直腸ガンステージ3a、頑張らずに暮らしてみる

息子は受験生

ちょうど息子の受験と闘病が重なっている。妻はすっかり母なので、私は手術で治ったもんだと見なしており、特に手厚く面倒はみてもらってない(笑)

息子の受験が気がかりで仕方ない様子。


私は相変わらず週末は自分でシャツのアイロンをかけ、会社から帰ったら洗濯物を入れ、リビングや廊下が汚れてきたら掃除機をかけ、自分のことは自分でやる毎日で、特に変わりはない。


入院後はもう少し優しく(笑)なると思っていたのだが、そんなことはなく、ある意味予想通りで笑うしかない。


コートのボタンが外れかかっており、玉止めが苦手な私は憂鬱になる( ̄▽ ̄;)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。