ひろゆうの悠々ガン生活

直腸ガンステージ3a、頑張らずに暮らしてみる

シャワー解禁\(^o^)/

1/24、まだシャワーを浴びられないが、看護士さんがベッドで体を洗ってくれる。特にシモのあたりはお湯をかけながらなので、「え?そんなところまで」と思うが、もはや恥ずかしがる年ではない。   


また書くけど、若い子は恥ずかしいだろうなぁ~
ここで2枚目の紙おむつに交換。   


おしっこの量を測るように言われる。スタジアムで見るビールをいれるようなわりと大きな目盛付の紙コップ。   



1/25朝、カテーテルのうち、尿管と肛門のが外れた。切断部と思われるお腹に刺さっていたカテーテルが最後。   


経験したことがあればわかるでしょうが、肛門のは排泄と思えばまぁ大丈夫。尿管のも排泄と思えば…って痛いってば、ほんと。ぁぅって感じ(>_<)   


夕方に最後に残ったお腹のカテーテル、これば一番痛いと想像していたのだが、痛みは大したことなく、一番気持ち悪かった。感覚的には大きなうんちがお腹を逆流してへそから出る感じw   


まぁいい。これで点滴だけになった。うれしい。売店にも気楽に行ける。寝返りも気兼ねなく。そうだ、シャワーに行こうw   


痛い痛いお腹の注射この日で終わる。いい日だ。ほんと。   

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。